遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

子どもの接し方

自宅でできる!子どもが喜ぶ&勉強になる室内遊び

自宅でできる!子どもが喜ぶ&勉強になる室内遊び

こんにちは!遺伝子ママです。

新型コロナウイルス流行に伴い、外出自粛が叫ばれてもうすぐ1ヵ月。せっかく外はいいお天気なのに、家の中にいないといけない毎日だとストレスがたまりますよね。

特に走り回ったりお友だちと一緒に思いっきり遊ぶことが好きなお子さんは、お父さん・お母さんが思っている以上にストレスが溜まっているものです。

テレビゲームがあるご家庭ならばお子さんは夢中になってゲームをしているかもしれませんが、ゲームばかりさせるのも良くありませんよね。かといって同じ遊びばかりだと「もう飽きた!」「外で遊びたい!」と言いだすのも無理はないでしょう。

じゃあ、この機会に勉強をさせれば良いのでは?と思っても、適度にストレスが発散できなければ勉強に集中することもできません。

そこで今回は、ただ遊ぶだけではなくお子さんの勉強にもなる室内遊びを紹介したいと思います。

小さなお子さんでもできるものを選んでみたので、お家の中で楽しく有意義な時間を過ごしたい!という方は参考にしてみてくださいね。

室内でもできて楽しく学べる遊びを紹介

室内でもできて楽しく学べる遊びを紹介

1.考えながら遊ぶ

ルールを覚えたり、こうしたらどうなるかな?と考えながら遊ぶことはお子さんの記憶力や思考力を育てるのに最適です。

特に勝敗のあるものだと、勝負に勝つためにはどうすれば良いのかを考えながら遊べます。またお子さんが勝ったときや負けた時の「うれしい気持ち」や「悔しい気持ち」を経験することで、心も成長できるでしょう。

カードゲーム

七ならべや神経衰弱、ババ抜きなどの簡単なルールで始められるトランプや、UNO、かるたなど種類が豊富なのがカードゲーム。

一対一だけでなく大勢で遊ぶこともできるので、家族みんなで楽しむことができます。特に神経衰弱は小さなお子さんでもできますし、記憶力を鍛えるのにも最適です。

小学生以上のお子さんには、古典の勉強にもなる百人一首に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

ボードゲーム

ボードゲームも家族みんなで楽しめるもののひとつ。オセロや将棋が有名かと思いますが、人生ゲームやすごろくなど、プレイヤー同士でコミュニケーションを取りながら進めるものも多いです。

12歳以上が対象のボードゲームになると、判断力や推理力を必要とするものも増えてきますので、意外とお父さん・お母さんの方がハマってしまうかもしれませんね。

絵探し絵本

絵本の中でも「ミッケ」や「ウォーリーを探せ」といった絵探し絵本は頭の体操になります。

ついつい文字を追ってしまうお父さん・お母さん世代よりも、絵を読むことができるお子さんの方が見つけ出すのが得意なもの。お父さん・お母さんが気付かなかったことでもすぐに気付くお子さんの姿に驚くかもしれませんよ。

2.手先を使って遊ぶ

手先を使って遊ぶことは脳に良い刺激を与えます。何かを作ったりすることで創造力を育むことができますし、完成させることで達成感が味わえ次もチャレンジしよう!という気持ちが芽生えるでしょう。

ねんど

自由度が高く、好きなものを自在につくれるねんど遊び。万が一お子さんが口に入れてしまっても安全な小麦粉ねんどもあるので年齢を問わず遊ぶことができます。

紙粘土をつかえばお子さんが作ったものを保存しておくことができるため思い出作りにも最適です。絵の具が用意できるのであれば色を塗って遊ぶのもよいでしょう。

工作

トイレットペーパーの芯やペットボトルなど、身近なものを使って作れる工作は、特別な道具や材料が無くてもできる手軽な遊びです。

何を作るのかは発想次第なのでお子さんの創造力を存分に発揮できますし、はさみやノリを使う練習にもなります。もし失敗したりうまくいかなくても、「次はどうしたらいいかな?」と考えながらすることも大切な学習です。

失敗にこだわったり「完成」を目指すのではなく、お子さんの自由な発想で作ってみてくださいね。

折り紙

ねんどや工作と違い、決まった手順に従って作る折り紙。折り紙を折ることで空間認知能力が鍛えられるため、距離感や奥行きなどをイメージする力をはぐくむことができます。

また適当に折るだけではきれいにできないので手先のトレーニングにもなりますし、集中力や忍耐力の訓練をするのにも最適です。

3.全身を使って遊ぶ

家の中にいてばかりにいて体力が有り余っているお子さんには、全身を使って遊ぶのも良いでしょう。親子で一緒に体を動かすことで運動不足解消にもなりますよ。

ダンス

歌ったり踊ったりしながら全身を使って楽しめるダンス。最近はYoutubeなどの動画投稿サイトでも親子で楽しめるダンス動画が無料公開されているので教室に通う必要もありません。

音楽に合わせて体を動かすことはリフレッシュにもなりますし、リズム感を鍛えることもできます。動画を取っておじいちゃん、おばあちゃんに送ってあげるのも良いかもしれませんね。

ジェスチャーゲーム

しゃべらずにジェスチャーだけで何を表しているのかを当てるジェスチャーゲーム。簡単なように見えて体だけで何かを表現するのは意外と難しいため、正解を当てるには頭の回転も必要です。

動物やスポーツのジェスチャーなどわかりやすいものから、ちょっと難しいかな?と思うようなものを入れておくと、面白い動きを引き出せるので盛り上がります。

家族でチームを組んで当て合うのもゲーム性が生まれて良いでしょう。

ここまで、室内で楽しみながら学べる遊びを紹介してきました。

その他にも、室内やベランダにテントを張って「おうちキャンプ」を楽しむご家庭もあるなどお家での楽しみ方はいろいろあります。この機会だからこそ親子で一緒に楽しめる「室内遊び」をたくさん経験してくださいね。

-子どもの接し方

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.