遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

子どもの接し方

子どもの才能を伸ばしたい!どこからはじめる?

子どもの才能を伸ばしたい!どこからはじめる?

こんにちは!遺伝子ママです。

毎日成長するお子さんを見守るのは、大変だけどとても喜ばしいことですよね。保育園・幼稚園になるとお友だちとの交流も増えますし、習い事などをはじめるお子さんも多いでしょう。

お父さん・お母さんの中には、習い事やお子さんの様々な体験を通して、お子さんの才能を伸ばしてあげたい!と思っている方がほとんどだと思います。

実際に、スポーツや学業の世界の第一線で活躍している方たちは、幼いころから才能を活かせる環境と、親のサポートがありました。

ではお子さんの才能を伸ばすために、親として何ができるでしょうか?

ステップ1:お子さんの得意なことを見つけよう

「お子さんの才能を伸ばす」ための第一歩は、お子さんが何が得意なのかを知ることです。

ここで重要なのはお子さんの苦手なことに目を向けてしまわないこと。日々忙しい毎日を送っているお父さん・お母さんの中には、ついつい余裕がなくなって「どうして○○ができないの」「はやく○○しなさい」などと叱ってしまうこともあるでしょう。

そんなことが続くと「うちの子は片付けができない」「すぐにかんしゃくをおこしてしまう」と、お子さんの苦手なことに目を向けがちになってしまいます。これでは、お子さんの得意なこと、長所に気付けないですよね。

どんなに小さなことでも良いので、まずはお子さんが「できた」ことに目を向けてみてください。どうしてもうまくいかないときは、お子さんの才能を萎縮させてしまうネガティブな言葉は使わずに、ポジティブな言い方を心がけましょう。

そして、お子さんの得意なことを見つけたらどんどんほめてあげてください。得意なことと考えるとスポーツや勉強といったわかりやすい分野に目を向けがちですが、「お友だちと仲良くできる」「何かに熱中することができる」などどんなことでもいいんです。

お子さんの得意なところを見つけて褒めてあげることが、お子さんの才能を伸ばすことに繋がります。

ステップ2:お子さんにあった接し方をしよう

お子さんの得意なことを見つけることができたら、その才能を伸ばすために「お子さんにあった接し方をする」ことが大切です。

たとえばどんなにピアノが好きなお子さんでも、ピアノ教室の先生が厳しすぎると通うのが嫌になってしまう子もいます。だけど一方で、厳しく指導されたほうが燃える子もいたりと、お子さんへのベストな接し方はそれぞれで違いますよね。

お子さんがどんなタイプなのかを知るためには、お父さん・お母さんが接しながら気付いてあげる必要がありますので、しっかりお子さんのことを見てあげましょう。

しかし、お子さんの得意なことを見つけることは難しい…と思う方もいるかもしれません。たしかに大人のわたしたちにとっても、自分の得意なことや才能を見つけることは難しいですし、まだ成長過程にいるお子さんのことならなおさらです。

それでは、お子さんの才能はどうやって見極めたら良いのでしょうか?

お子さんの「得意なこと」「才能」がわからない!そんなときは?

お子さんの「得意なこと」「才能」がわからない!そんなときは?

お子さんが自分から「これが好き!」「これをやりたい」と言ってくれるといいのですが、まだ幼かったりするとわからないですよね。

それに、習い事でもよくあることですが、最初は楽しく続けていても通い続けるごとに飽きてしまったり、途中で投げ出してしまうこともあります。やはり、お父さん・お母さんがお子さんの才能を見極めてあげる必要があるでしょう。

そこでお子さんの才能を見極める方法をいくつかまとめてみました。

子どもが何に興味を持つかを知る

まず第一に、お子さんが何に興味を持つのかを知り、それに対して親子でコミュニケーションをすることが重要です。

たとえば絵本に興味があり、本を読むのが好きなお子さんの場合「どんな絵本が好きか」「どんなところが好きなのか」「どうして好きなのか」を聞いてみましょう。

そのとき、どんなに小さなポイントでも大丈夫。お子さんがどんなことに興味を引かれているのかは、お子さんの才能を見極めるヒントになります。

いろいろなことを体験させてみる

次に、幼いころから様々な体験をさせてあげることも重要です。

先ほどの絵本に興味があるお子さんの例で言うと、図鑑に載っていた動物を実際に見に行ってみたり、絵本に書かれていることを実際に体験させてみたりと、興味があることからどんどん体験の幅を広げることができます。

そこで体験したことを通して、また違った才能が発見できることもあるでしょう。

習い事も「体験」の一つですが、継続的にやる必要があったり月謝などお金がかかることも少なくないので、いろいろなことをさせてあげるのが難しいといった問題もあります。

そんな時は習い事を始める前に体験教室を利用してみるのもいいかもしれませんね。

子どもの才能をすぐに知りたい!そんな時には

これまで、お子さんの才能の伸ばし方・見極め方をまとめてきました。

「習い事をさせている余裕はないし、お金の問題も…」「すぐに子どもの才能を知って伸ばしてあげたい」という方には、「子どもの能力遺伝子検査」という手もあります。

「子どもの能力遺伝子検査」では、お子さんの生まれ持った「学習能力」「運動能力」「感性」などを遺伝子情報から検査し、お子さんがどのような性質をもっているか、隠れた才能・能力を発見することができる検査として注目されてる検査です。

もちろん、お子さんの才能は遺伝子だけではく日々の経験によっても左右されますが、遺伝子検査ならお父さん・お母さんがお子さんの才能を決めつけてしまうこともありませんし、一生に一度の検査でいいので、気になる方は試してみてもいいかもしれませんね。

-子どもの接し方

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.