遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

子どもの接し方

子どもの才能見逃してない?0歳から才能を見極める方法!

子どもの才能見逃してない?0歳から才能を見極める方法!

こんにちは!遺伝子ママです。

世の中には幼いころから一つの分野で英才教育を受けて、現在世界で活躍しているアスリートや著名人の方がたくさんいますよね。

「うちの子も才能を伸ばしてあげたい!」そう考えるお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか?

お子さんへの才能の伸ばし方をまとめた育児本は何冊も出ていますし、ちょっと検索をするだけでも「子どもの才能を伸ばす方法」や「才能を伸ばす子どもへの接し方」をまとめたサイトがたくさんあります。

だけど、お子さんがどの分野で才能を発揮できるのか、どんな才能を伸ばしてあげたらいいのかわからない…そう思い悩んでいるお父さん・お母さんも多いはず。

そこで、今回はお父さん・お母さんのために、お子さんの才能を見極める方法をまとめてみました!

これから成長していくお子さんのためにどんなことをさせてあげたらいいのかの参考にしてみてくださいね。

才能を伸ばすには幼いころの体験が重要!

才能を伸ばすには幼いころの体験が重要!
みなさんの中には、子どもの脳は5歳までに約80%が完成するということを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

0歳から5歳ごろまでのお子さんは、新しいことをぐんぐん吸収して成長している段階なんですよね。だからこそ、秀でた才能を伸ばすには幼いころの体験・経験が重要視されています。

では、そんな大切な時期にお子さんに何をさせてあげますか?

ある程度大きくなったお子さんであれば、お子さんの得意なことややりたいことを自分で主張することができます。

だけど、一番脳が成長すると言われている0歳から5歳くらいの幼いお子さんだと、自分から主張することはなかなか難しいですよね。

そのため、お子さんにどんな才能があるかわからないまま、お父さん・お母さんが子どもにさせたいことをやらせてしまうパターンが多いんです。

多くの親御さんは、お子さんの得意なことよりも「親がさせたいこと」を子どもにさせている

多くの親御さんは、お子さんの得意なことよりも「親がさせたいこと」を子どもにさせている

たとえば「自分もピアノをやっていたから子どもにもさせたい」「野球選手になってほしいから野球をさせる」など、お父さん・お母さんの中にも覚えがある方がいるのではないでしょうか。

もちろん、お子さんに色々な経験をさせることもとっても大切なことです。お父さん・お母さんが薦めたことでも、お子さんが楽しんで続けることができればそれが一番でしょう。

でも、親御さんが薦めたことが実は合わなかった場合、一番脳が成長すると言われている期間を費やしてしまうのはもったいないと思いませんか?

また、いくらお子さん・お母さんが「うちの子にはこの才能を伸ばしてもらいたい!」と思っていても、お子さん本人はイヤイヤやることに…なんてことになったらかわいそうですよね。

逆に「うちの子はこれが苦手だから避けてあげよう」と思っていても、実はお父さん・お母さんが思い込んでいるだけで、まだ気付いていないとびきりの才能が隠れている可能性もあります。

とはいえ、「子どもが幼くてまだわからないから、子どもにさせることを親が選択するのはしょうがないんじゃない?」と思った方もいるでしょう。

そんな方におすすめの、0歳からお子さんの隠れた才能・能力がわかる方法があるのでご紹介します。

それが「子どもの能力遺伝子検査」です!

0歳からお子さんの才能を発見!遺伝子検査という方法

0歳からお子さんの才能を発見!遺伝子検査という方法
子どもの能力遺伝子検査は、その名の通りお子さんの遺伝子を解析し、まだ表に現れていないお子さんの才能・能力を発見することができる検査として注目されています。

検査には「学習能力」「運動能力」「感性」の3つの項目があり、記憶力や文系・理系、向いているスポーツの種類がわかるなど、お子さんの特性について様々な分野からいっぺんに知ることが可能です。

しかも難しい検査は一切必要ありません。0歳から検査を受けることができるうえに、お子さんの遺伝子は将来変わることもありませんので、一生に一度の検査だけで大丈夫。

先ほどもお伝えしましたが、お子さんの脳は0歳から5歳の間が最も成長します。だからこそ、0歳からこの検査を受けていればお子さんのために何をしたら良いかをより早く知ることができるでしょう。

たとえば、「将来お子さんになにかスポーツをさせたい!」と思ったとき、この検査を受けていればお子さんの運動能力がわかるので、お子さんがどんなスポーツに向いているか、どのスポーツをさせてあげるべきか考えることができます。

「でも、これって子どもの才能を限定することにならない?」と不安に思った方も大丈夫です。

検査の結果では「お子さんにはこのスポーツをさせなさい」などといった才能を決めつけることは書いていないので、将来お子さんが自分で「これをしたい!」と思ったときに、親としてどうサポートしてあげれば良いのか、接し方の参考にもできるでしょう。

お子さんの可能性は無限大!だからこそ早期の「見極め」が大切

お子さんの可能性は無限大!だからこそ早期の「見極め」が大切
お子さんの特性や才能は、いつも近くで見ているお父さん・お母さんが一番に気付くものですよね。

だけど、お子さんの可能性は私たち大人が思っているよりもずっと無限大にあります。お父さん・お母さんが決めつけてしまっていたり、まだ気付いていない才能や能力もきっとあるはずです。

そういった「お子さんの隠れた才能・能力」をいち早く見極め、伸ばしてあげる手伝いができるのがこの「子ども能力遺伝子検査」のメリットのひとつ。お子さんの才能を開花してあげる一つの方法として参考にしてみてくださいね!

-子どもの接し方

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.