遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

遺伝子の重要性

子ども能力遺伝子検査の費用・種類を徹底解説!

子ども能力遺伝子検査の費用・種類を徹底解説!

こんにちは!遺伝子ママです

このサイトでは、遺伝子検査で子どもの隠れた能力・才能を検査する「子どもの能力遺伝子検査」についての情報をお伝えしています。

子ども能力遺伝子検査って何?検査で何がわかる?」では、遺伝子検査についての簡単な説明をしてきました。

さて、一口に「子どもの能力遺伝子検査」と言ってもどんな内容が届くのか、どう子育てに役立てることができるのか、気になる方も多いですよね?

そこで今回は遺伝子検査の費用・種類を徹底解説していきたいと思います!お子さんのどんなところを知りたいのか、どの検査を受けさせたいか参考にしてみてくださいね!

■子ども能力遺伝子検査の種類は?費用はいくら必要?

「子ども能力遺伝子検査」の検査項目には「学習能力」「身体能力」「感性」の3種類の項目があるのをご存知でしょうか?

しかも、この図を見てもらうとわかるように、それぞれ解析する遺伝子によって「記憶力」「判断能力」など細かい能力がわかるようになっています。

では、それぞれの項目を詳しく見ていきます!

「記憶力」「知性」などを検査する学習能力!

「記憶力」「知性」などを検査する学習能力!

まずは、親としてどうしても気になる「学習能力」に関する項目から見ていきましょう。

学習能力と聞くと、学校のテストや学力を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?2020年から英語教育・プログラミング教育も必修化されますし、小学校に入る前の準備として、できるだけ子どもの学力を伸ばしてあげたい!と考える方も多いでしょう。

だけど、具体的にはどうしたらいいんだろう?やみくもに勉強はさせたくないですし、たくさん発売されている知能玩具はどれを与えたらいいかわからない…。そんな方に注目してもらいたいのがこの「学習能力」についてです。

学習能力の項目では、「子どもの学習能力をどう伸ばすか?」のアドバイスが満載!

学習能力の項目では、「記憶力」「判断能力」「理解力」「分析力」「推理力」「知性」「認知能力」などを検査します。

たとえば「記憶力」の項目では、遺伝子のタイプによって「堅実家タイプ」「臨機応変タイプ」「発明家タイプ」に分けることができるんです!また、「知性」「認知能力」の項目では、お子さんが理系タイプか文系タイプのどちらに向いているかも検査可能!

お子さんが「発明家タイプ」「理系タイプ」と診断されたら、もしかして将来は有名な科学者になるかも!?なんて期待しちゃいますよね。

しかも、「子ども能力遺伝子検査」ではそれぞれのタイプごとに「普段のコミュニケーションから、どう学習を習慣化させていくか」「どんな体験をさせたらいいか」のアドバイスも記載されています。

無理やり難しい勉強をはじめて逆効果になってしまう不安もなく、いつも通りの生活をしながら確実に子どもの学習能力をのばしていけるとしたらとってもいいですよね。

では次に、「身体能力」に関する項目を見ていきましょう。

「耐久力」「瞬発力」「持久力」などを検査する身体能力!

「耐久力」「瞬発力」「持久力」などを検査する身体能力!

身体能力の項目では、「耐久力」「速度」「瞬発力」「持久力」「エネルギー生産効率」などを検査します。

みなさんも子どもの頃スポーツを積極的にやっていたり、逆に苦手だったりしたことがありませんか?

子どもになにかスポーツ系の習い事をさせたいと思っても、いやいや通ったり向いていないスポーツを続けさせることになったらかわいそう…。やっぱり、お子さんが楽しめて、しかも上達できるスポーツを選んであげることが一番ですよね。

そんな時に役立つのがこの「身体能力」の検査です。

長距離走タイプ?短距離走タイプ?子どものカラダに合ったスポーツを選ぶヒントに!

身体能力の検査では「耐久力」「持久力」などの解析結果をもとにして、お子さんにどのようなスポーツをさせたら良いかがわかります。

でも、もしかして「お子さんにはこのスポーツをさせなさい!」「このスポーツは向いていません」などと決めつけられてしまうんじゃないか…?と心配した方もいるのではないでしょうか?

そんな方も安心してください!子ども能力遺伝子検査ではお子さんの能力を決めつけることはせず「お子さんはスプリンタータイプなので、陸上競技や水泳などの短距離種目が得意ですよ」と大まかなくくりでおすすめのスポーツを教えてくれるんです。

また、「持久力が少し足りないので、休憩を取りながら運動しましょう」などといった効果的な運動方法のアドバイスも記載されています。

お子さんが「やりたい!」と興味を示したスポーツをどうやって効果的に進めていくかを考えるヒントになるので、お子さんをサポートしながら一緒に成長できると思うとワクワクしますね。

ここまで「学習能力」「身体能力」についての検査項目を確認してきました。では次に「感性」について見ていきましょう。

「ストレス耐性」「リスク管理」などを検査する感性!

「ストレス耐性」「リスク管理」などを検査する感性!

「学習能力」「身体能力」はなんとなく想像できますが、「感性」と言われると一体なんだろう?と思いますよね。

「感性」の項目では、「記憶力」「注意力」「忘却力」「勇気」「ストレス耐性」「リスク管理」などがわかるようになっています。

たとえば、「親である自分が少し落ち込みやすい性格なので、お子さんにも遺伝していたらどうしよう…。」「イヤイヤ期や思春期を迎えるにあたり、どう対応していけば良いのだろう…?」そんな悩みを持つお父さん・お母さんにオススメの検査項目です。

お子さんへの接し方のヒントが詰まった「感性」検査

たとえばこの検査ではお子さんが「繊細なタイプ」「自己中心的なタイプ」かの傾向も知ることができます。

ここで、もしお子さんが「自己中心的なタイプ」だと診断されるとちょっとショックかも…という方も安心してくださいね。

このタイプは常にポジティブでストレス耐性が高い証拠でもあるため、様々なことに挑戦させたり、失敗を恐れず進むことができるというドクターからのお墨付きがついたということ。

親としてはやはり子どもに嫌な思いをさせたくなくてついつい過保護になってしまいがちな時もあるかもしれませんが、お子さんのタイプを知っていれば堂々と新しいことに挑戦させる機会を作ってあげることもできるでしょう。

また、自己主張が行き過ぎて「わがまま」すぎる子になってしまわないように、子どものころからどのようなコミュニケーションに気を付けていけばいいのアドバイスが書かれています。

その他にも、お子さんが落ち込みやすいタイプかどうか、そんなときどう手を差し伸べてあげたら良いかも記載されているので、お子さんが苦難に躓いたときに良い方向へ導いてあげるための心構えにもなるでしょう。

「学習能力」「身体能力」「感性」のどれを選ぶ?お得なセットもあり!

「学習能力」「身体能力」「感性」のどれを選ぶ?お得なセットもあり!

ここまで「子ども能力遺伝子検査」の各検査項目をまとめてみました!

「学習能力」「身体能力」「感性」の3つの検査費用は各項目25,000円(税別)なので、気になる一つを選んで検査をうけることもできるので、「どうしてもこれだけは気になる!」という項目だけ検査を受けることもできるんです。

ただし、「学習能力」「身体能力」「感性」3つがそろった「フルパッケージ」で購入する&ただいま検査実績数4000件突破セールで64,800円(税別)と少しおトクに検査ができるので、2つ以上気になる…という方はフルパッケージがおすすめですよ!

その他詳しい内容はこちらの「子ども能力遺伝子検査キット」専用ページに記載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

※検査金額は2019年12月時点の金額です。キャンペーン等により変更する場合があります

-遺伝子の重要性

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.