遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

遺伝子の重要性

子どもの才能は遺伝子で決まる?

子どもの才能は遺伝子で決まる?

こんにちは!遺伝子ママです。

子どもの才能を伸ばしてあげたい!そう思っているお父さんお母さんは多いですよね。

だけど、子どもが生まれ持っている「才能」はなんなのか、才能を伸ばすために何から始めたら良いのかわからない…。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そもそも、才能は持ってうまれたものなのか、それとも育て方で開花していくのかも気になりますよね。

生まれ持った才能なら両親からの遺伝も関係しているかもしれませんし、「お父さん・お母さんが苦手なことが似てしまったらどうしよう」と不安になる方もいると思います。

そこで今回はお子さんの才能が遺伝で決まるのかどうかと、才能をどう伸ばしていけば良いのかをまとめてみたいと思います。

子どもの才能は遺伝?育て方?

子どもの才能は遺伝?育て方?

お子さんの才能のうち、お父さん・お母さんからの遺伝がどのくらいの割合を占めているのかご存知ですか?

要素によって多少のばらつきはありますが、おおよそ遺伝の影響は約50%と言われています。

特に「学力」「運動能力」は約60%体形に至っては70%近くがお父さん・お母さんからの遺伝的影響が大きく、逆に「性格」は約40%が遺伝の影響を受けているのです。

では残りの約50%はどこから決まるかというと、育ってきた環境の影響で変化します。

この遺伝の影響度合いは年齢によっても異なるようで、6歳までは育ってきた環境の影響が大きく出るようです。大人になるにつれて環境よりも遺伝的な影響の方が大きくなるとのこと。

つまり6歳までは遺伝的な影響はあまり考えず、良い環境を整えてあげる方が重要ということですね。

では、6歳までのお子さんにはどのような環境を整えてあげたら良いのでしょうか。

子どもにとって良い環境とは?

子どもにとって良い環境とは?

一般的に、しつけが厳しすぎる家庭よりも、子どもの自主性にまかせてのびのびと育てる方がお子さんにとって良い環境だと言えます。

しつけが厳しすぎる・両親の間で一貫していない場合、お子さんの問題行動に繋がる傾向が高いという研究結果があるようです。

また、お子さんの脳は遊びの中で「これはどうしたらいいんだろう」と考えて実行しているときが一番成長しているので、しつけにこだわりすぎるあまり、お子さんの行動を制限してしまうのは避けたいですね。

その他にも、お子さんにとって良い環境をつくるいくつかの方法を紹介します。

たくさんの経験をさせる

お子さんにできるだけいろいろな経験をさせることは重要です。習い事やスポーツの他にも、水族館や体験型のワークショップに参加したりなど、学校ではなかなかできない体験をすることをおすすめします。

また、なるべくたくさんのお友だちや大人と触れ合うこともいいですね。

お父さん・お母さんが率先して学ぶ

お子さんにたくさん本を読んで欲しいと思うお父さん・お母さんも多いと思いますが、そういう時はまずお父さん・お母さんが率先して本を読みましょう。

お子さんはお父さん・お母さんの姿を通じて好奇心を持ちます。お父さん・お母さんが積極的に新しいことをはじめたり、学んだりする姿を見るとお子さんも自然に興味を持ってくれるはずです。

幼児期から教育を詰め込み過ぎない

お子さんが将来困らないようにと、ついつい早い内から勉強させたり習い事をはじめさせるお父さん・お母さんは多いと思います。

だけど最初にお伝えしたように、お子さんは遊びの中で脳を成長させていくものです。そのため、幼児期にはまずお子さんが望む遊びをたくさんさせてあげましょう。

特に2歳から3歳にかけてのイヤイヤ期は、様々なことに触れながら自分の好きなものを探す期間でもあります。

お子さんが自分の好きなものを見つける過程の中で、お子さんの才能も自然と見えてくるでしょう。

ここまで、お子さんにとっての良い環境づくりをまとめてきました。

遺伝的な影響は産まれたときからすでに決まっていますが、それをどのように引き出し、成長させていくかは家庭での良い環境づくりが重要です。

しかし、この「遺伝的な影響」についても一緒に把握できていたら、もっとお子さんの才能を伸ばせるかもしれませんよね。

そこで最後に「子どもの能力遺伝子検査」についてご紹介します。

遺伝の影響は約50%、どう生かす?

遺伝の影響は約50%、どう生かす?

「子どもの能力遺伝子検査」とは、お子さんの生まれ持った「学習能力」「運動能力」「感性」などを遺伝子情報から検査し、お子さんがどのような性質をもっているか、隠れた才能・能力を発見することができる検査です。

つまり、遺伝の影響が約60%を占めている「学力」「運動能力」、約40%を占める「性格」について、お子さんがどのような特性を持っているかを検査で確認できるということ。

しかも遺伝子は一生変化することはないため、一生に一度の検査だけで問題ありません。

また赤ちゃんでもできるので、幼いころから「うちの子はこんな才能があるんだ」と知ることができれば、お子さんにとってのより良い環境づくりにも役立てることができるでしょう。

遺伝の影響と環境の影響、その両方からアプローチし、お子さんの才能を伸ばせるヒントになりますので、気になった方は検査してみるのも良いかもしれませんね。

-遺伝子の重要性

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.