遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

遺伝子の重要性

子ども能力遺伝子検査、赤ちゃんでもできるの?病院に行く必要は?やり方などの流れ説明!

子ども能力遺伝子検査、何歳からできる?病院に行く必要は?やり方などの流れ説明!

こんにちは!遺伝子ママです

このサイトでは、遺伝子検査で子どもの隠れた能力・才能を検査する「子どもの能力遺伝子検査」についての情報をお伝えしています。

みなさん、「遺伝子検査」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか?

  • 細胞を採取ってどうやるの?
  • もしかして採血しないといけない?
  • 病院にいく必要はある?
  • 子どもがまだ小さいけど、何歳からできるの?

「遺伝子検査」なんて普段あまりなじみのない言葉なので、こんな疑問を感じている方も多いのではないでしょうか?

ということで今回は子供の能力遺伝子検査が何歳からできるのか、やり方などの流れを説明していきたいと思います!

遺伝子検査って何?という方はまずは「子ども能力遺伝子検査って何?検査で何がわかる?」を読んでみてくださいね!

子ども能力遺伝子検査のやり方!

子ども能力遺伝子検査のやり方!

子ども能力遺伝子検査では、お子さんの細胞を採取して遺伝子の解析を行います。そこで気になるのは「どうやって採取するの?」ということですよね。

特にお子さんの検査なので、採血などでお子さんに痛い思いをさせたくない方や、忙しくて病院に行く暇がない!というご家庭も多いと思います。

そんなお父さん・お母さんも安心してくださいね。「子どもの能力遺伝子検査」なら採血したり病院に行ったりする必要なく、ご家庭で簡単に検査ができちゃうんです!

しかも、検査に必要な品物はすべてキットに含まれているので、新しく用意する必要もありません!では実際にキットの内容と、検査の流れを見ていきましょう。

子ども能力遺伝子検査キットの中身&検査方法を紹介!

「子ども能力遺伝子検査」をホームページから申し込みすると、このような検査キットセットがご自宅に届きます。

子ども能力遺伝子検査キットの中身&検査方法を紹介!

この中に含まれている、綿棒の入った検体ケース2本を使用してお子さんの細胞を採取していきます。採取の流れはとっても簡単です。

①朝一番にきれいな水で2、3回うがいをする

この時、歯磨きをしたりご飯、ジュースなどを食べたり飲んだりすることはNG!採取の際に余計な微物まで取れてしまう可能性があります。

②検体ケースから綿棒を取り出し、細胞を採取する

検体ケースの中に入っている綿棒を取り出し、綿棒の先端部分を片方の頬の内側にあてて、回しながら30~40回ほどこすってください。一本目が終わったら二本目も反対の頬の内側で同様に行いましょう。

③採取した検体を乾燥させる

2本とも取り終わったら2~3時間ほど自然乾燥させてください。コップなどに綿棒の先端部分を上にして入れると良いでしょう。この時、綿棒の先端を手や他のもので触らないように気を付けてください。

2~3時間たったら、綿棒をそれぞれ検体ケースに戻してしっかりとふたを閉めて終了です!あとは同封されている同意書兼申込書に記入して、1日以内に検査機関へ返送するだけ。

返送してから30~60日間経つと、検査結果が送られてきます。とっても簡単ですよね!

また、この検査の流れや注意点などは検査キットに同封されている説明書にも書いているので覚える必要はありません。小さなお子さんや忙しいお父さん・お母さんでも簡単に検査できそうですよね。

しかも驚きなのが、0歳から検査可能ということです!

「子ども能力遺伝子検査」は赤ちゃんでも検査可能!

「子ども能力遺伝子検査」は赤ちゃんでも検査可能!

これまで説明したように、「子ども能力遺伝子検査」では難しい検査は一切ありません。だから、0歳でも検査ができちゃうんです。

子ども能力遺伝子検査はお子さんの隠れた能力・才能が分かる検査、しかも遺伝子検査なので一生に一度の検査で問題ありません。

お子さんがまだ赤ちゃんのころに検査をしておけば、これからの子育てにいち早く役立てることができますよね。

具体的にどんな検査項目があるのか気になる!という方は「子ども能力遺伝子検査の費用・種類を徹底解説!」の記事も読んでみてください!

ただし赤ちゃんはうがいができないので、お水が飲める場合は飲んでからの方がいいみたい。このあたりの詳しい説明は「子ども能力遺伝子検査キット」ホームページに詳細が書いていますので、こちらも一緒にチェックしてみてくださいね!

-遺伝子の重要性

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.