遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

教育・習い事

子どもの才能を伸ばすために、よりよい教育方法・育て方は?

子どもの才能を伸ばすために、よりよい教育方法・育て方は?

こんにちは!遺伝子ママです。

みなさんは、お子さんの教育方法どうしていますか?

親として、お子さんの才能を伸ばしてあげたい、可能性を最大限引き出してあげたいと思うものですよね。そんなときに最初に調べるのは「お子さんにとって良い教育方法・育て方はなんだろう?」ということだと思います。

すでにご存じの方も多いと思いますが、世界には○○教育という名の付いた有名な教育メソッドがあり、そのどれもが幼児教育に大きな成果を上げてきました。

しかし、どの教育方法もやり方や考え方は違いますし、実際にうちの子に合っているのはどれなの?と悩んでいる方も多いと思います。

そこで、今回はいくつかの有名な教育方法についてまとめてみました。お子さんの教育方法につい迷っていた方、どの教育方法がお子さんにあっているか知りたい方は参考にしてみてくださいね。

子どもの教育方法にはどんなものがある?

子どもの教育方法にはどんなものがある?

子どもの教育方法について、今回は幼稚園児までを対象にした教育法で有名な5つの方法をお伝えします。

ヨコミネ式

ヨコミネ式とは日本で生まれた方法で、「すべての子どもが天才である。ダメな子なんて一人もいない。」という理念のもとに、お子さんの自立を促し生まれもった可能性を最大限に引き出すための教育法です。

ヨコミネ式の自立とは「自ら考え、自ら判断し、自ら行動・実践する」こと。実際にヨコミネ式保育園で育ったお子さんは、卒園児には逆立ち歩きや三転倒立などの運動ができるようになったり、漢字や九九など小学生の勉強にスムーズに取り組めるようになるなど能力の向上が期待できます。

その他にも、お子さんのやる気やモチベーションを上げるための取り組みも充実しているので、お子さんの成長の幅を広げるために役立つ教育法と言えるでしょう。

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは、イタリアの医師であり教育家であったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法になります。

このモンテッソーリ教育では「子供には自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」を前提とし、子ども自身が自立に向かって教育・発達していく力を育てるための環境づくりが特徴です。

日本においては小学校以降の義務教育で実践することが難しいため、国内のモンテッソーリ教育では0歳から3歳までの前期と、3歳から6歳までの後期に分けて考えられます。

前期では手や指などを使った微細運動、音楽や粘土などの感覚教育からはじまり、後期ではことばや算数、日常生活の練習をしながら「自分を成長させる力」を子ども自身でのびのびと育てていくことが可能です。

シュタイナー教育

シュタイナー教育とは、思想家であり哲学者でもあったオーストリア出身のルドルフ・シュタイナーの教育理念に基づいた教育法で、子どもひとりひとりの個性を尊重し、個人の持つ能力を最大限にひきだすことを目標としています。

シュタイナーは人は7年周期で成長していくものとしているため、シュタイナー教育では0歳からそれぞれの7年間で「からだ」「こころ」「あたま」を順番にバランスよく育てることが重視されているのが特徴です。

そのため、幼児教育の時期である7歳までは健康な「からだ」を作ることが一番大切な時期だとして、主に遊びを通した体の成長、意思や想像力の発達を大切にしています。

七田式

七田式も国内で広まった教育法の一つ。「認めて・ほめて・愛して・育てる」を信条に、お子さんに知識を与えるのではなく、お子さん自身が本来持つ才能を最大限引き出すための脳と心の教育を大切にしています。

赤ちゃんがお腹の中にいる間の胎教に始まり、就学前だけでなく中学生からシニア世代までの幅広い世代への取り組みや他の教育法ではあまり見ない食育の観点からのアプローチなどを行っているのも特徴です。

通信教育の教材も充実しており、教室に通うだけではなく親子でコミュニケーションを取りながら学ぶという方法もあります。

公文式

国内の教育法で知名度が高く、CMで流れることも多い公文式。お父さん・お母さんの中には「小さいころ通っていた」という方も多いのではないでしょうか。

公文式では問題の解き方を教わるのではなく、ひとりひとりのレベルに合わせ自分のペースと力で問題を解く力を育てることができるため、高い学力とともに「自己肯定感」も養うことができるでしょう。

以上が有名な5つの教育法まとめでした。

この教育法が気になる!うちの子に合ってそう!と思った方は、ぜひ各教育法のHPを見てみてくださいね。

しかし、どの教育法もそれぞれ特徴がありますが、一貫していると言えるのは「お子さん自身の能力を引き出し、お子さん自身の力で成長していく」ことを促すということでしょう。

つまり教育はあくまでも補佐的なもの、一番大切なのはお子さんの能力をうまく引き出してあげることだと考えられます。ここで紹介した教育法を受けるまえに、お子さんの能力を知ることができたらもっとお子さんの可能性を広げられるのではないでしょうか。

そこで、最後にお子さんの能力を確実に引き出すための方法をご紹介します。

お子さんの能力を確実に引き出す方法

お子さんの能力を確実に引き出す方法

お子さんの能力を確実に引き出すには、「子どもの能力遺伝子検査」がおすすめです。

「子どもの能力遺伝子検査」では、お子さんの生まれ持った「学習能力」「運動能力」「感性」などを遺伝子情報から検査し、お子さんがどのような性質をもっているか、隠れた才能・能力を発見することができる検査として注目されています。

子どものことは親が一番わかっている!と思っても、実は親の思い込みだったり見逃している能力がある可能性もありますよね。

お子さんの能力についてわからないままいろいろな教育方法をためしてもお子さんの負担ももちろんですし月謝などお金の問題も発生します。

「思っていたのと違った…うちの子には合っていないのかも」と後悔する前に、「子どもの能力遺伝子検査」を試してみてくださいね!

-教育・習い事

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.