遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

子育ての悩み

わがままな子どもの将来が心配…今からできることはある?

わがままな子どもの将来が心配…今からできることはある?

こんにちは!遺伝子ママです。

みなさんはお子さんの「わがまま」どうしていますか?

言うことを聞いてくれない、注意してもすぐに反発、つられてこっちもイライラ…。子どものわがままにどう対処したらいいの?このままで将来大丈夫?と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

イライラや不安が続くと、同い年の○○ちゃんはいい子にしているのに比べてうちの子は…と、やってはいけないとわかっていても他の子と比べてしまうことも。子どものわがままへの対策は本当に難しいですよね。

そんなお父さん・お母さんが少しでも気持ちが軽くなれるように、子どものわがままについてまとめてみました。

お子さんのイヤイヤ期や思春期に備えてぜひ参考にしてみてください!

どうしてわがままを言うの?

どうしてわがままを言うの?

そもそも、子どものわがまま=悪いことだと思っていませんか?

子どもにはいわゆるイヤイヤ期(第一次反抗期)と呼ばれる時期があります。1歳半~3歳前ごろまで続くと言われる「イヤイヤ期」は、されるがままだった赤ちゃんの時代からだんだん「自我(自分の欲求)」が芽生えるようになる大切な時期です。

自分の欲求が芽生え始めたばかりなので自分の気持ちをうまく言葉にできませんし、やりたいけどうまくいかない、やりたくない、といった気持ちが混乱して「イヤ!」という言葉に現れます。

これはわがままではなく、自分の欲求を認識して言葉にできるようにしている最中に起きる自然なことです。また、「イヤ!」を言うことでお父さん・お母さんがどうするのかもこのときに学んでいきます。

この時期をただのわがままだと認識し、厳しく接してしまうと「自分の欲求が受け入れられなかった」ことで自我の形成に悪影響を及ぼしかねません。

イヤイヤ期でへとへとになってしまうお父さん・お母さんも多いですが、イヤイヤ期はお子さんの自我を形成するのに大切な時期と知って、なるべく落ち着いて対応することを心がけましょう。

でも、「わかっているけどうまく対応できない!」という方が多いですよね。わがままなお子さんへの対策はどうしたら良いでしょうか?

わがままの対策、どうしたらいい?

わがままの対策、どうしたらいい?

お子さんの性質はそれぞれなので一概には言えませんが、お子さんのわがままへの効果的な対策は以下の3つです。

親が約束をしっかり守る

「おもちゃで遊んだら片付ける」「お買い物の時にお菓子を買わない」と子どもと約束しますよね。だけどその時になると片付けない、買ってと号泣したり…。

そんなとき、周りの目が気になったり、根負けして「今回だけよ」と折れてしまうことありませんか?

実はこの行動、約束を破っても泣けばどうにかなると子どもに学習させてしまい、更にわがままな行動に繋がる可能性があります。

一度約束をしたらまずはお父さん・お母さんが絶対に守ることを心がけましょう。

そして頭ごなしに否定するだけではなく、子どもが「もっと遊びたい気持ち」「買って欲しかった気持ち」を受け止め、「もっと遊びたいんだね」「おもちゃが欲しいんだね」と子どもの気持ちを受け止めてから「どうしてダメなのか」を伝えてあげてください。

こうすることでお子さんは「自分の気持ちを受け入れてもらえた」と思うようになります。

我慢できたら褒めてあげよう

一度お父さん・お母さんと約束したことができたら、思いっきり褒めてあげてください。

そのため、それまで泣いたり騒いだりしたお子さんが我慢できたときにきちんと褒めてあげると「我慢できた!」と成功体験が得られ、次からもがんばってみようと思うようになります。

そもそも、お子さんが我慢をすることはとても難しいことです。それを忘れないようにしましょう。

家族の間で言っていることを変えないように

家庭内のしつけでよくみられるのが、「お母さんとお父さん、もしくはおばあちゃんなどのしつけの基準が違う」ということです。

お母さんはきびしくしつけますが、お父さんやおじいちゃん・おばあちゃんが「そのくらいいいじゃないか」と違う接し方をしてしまうとお子さんは混乱してしまいます。

それが続くと「パパなら許してくれる」「おばあちゃんの前なら何をしても大丈夫」と学習してしまうかもしれません。しつけの基準は家族の間で共有しておきましょう。

この他にも、お子さんのわがままへの対応はお子さんによってそれぞれです。お子さんがどんなときにわがままを言うのか、どうしてわがままを言ってしまうのか、お子さんをよく観察して気付いてあげましょう。

ここまで、お子さんのわがままに対する主な対策をまとめてみました。

でも、たとえ兄弟で同じ対応をしてもお子さんによってわがままな子、そうじゃない子の違いは多かれ少なかれありますよね。

どんなお子さんがわがままになりやすいのでしょうか。

わがままになりやすい子どもの傾向はある?

わがままになりやすい子どもの傾向はある?

たとえば、兄弟の末っ子は甘やかされて育ったからわがままになりやすい…という通説もありますよね。でもそれは上でまとめたように、お父さん・お母さんや兄弟の接し方、家庭環境で変わってくるため一概には言えません。

しかし一方で、私たちのもっている遺伝子の中にはわがままかどうかがわかる遺伝子があるのをご存知でしょうか?

「遺伝子でどうしてそんなことがわかるの?」と思った方もいるかもしれませんが、私たちの体を作る遺伝子のひとつである「COMT」遺伝子は、脳の情報処理速度と関係しており思考スピードに影響を持つと判明しています。

この遺伝子を解析すると、「繊細なタイプ」「温和なタイプ」「自己中心的なタイプ」の3つの内どのタイプかを知ることができるんです!

この「自己中心的なタイプ」では、自己主張を見誤ると人とのコミュニケーションがうまくとれなくなる可能性が強いと言われています。

そのため、「自己中心的なタイプ」だと診断された=わがままになりやすいお子さんだと言えるでしょう。

ただし、自己主張がしっかりできるということは些細なことは気にせずに常にポジティブな傾向があるタイプでもありますので、お子さんをどう導いてあげられるかについてはやはりお父さん・お母さんの接し方が大切になってきます。

お子さんのわがままとうまく付き合っていきましょう!

「遺伝子」に興味がある方へ

「遺伝子」に興味がある方へ

最後に、今回ご紹介した「COMT」遺伝子、うちの子はどうだろう?と思っている方に検査方法をご紹介します。

それは「子どもの能力遺伝子検査」です!

「子どもの能力遺伝子検査」では、お子さんの生まれ持った「学習能力」「運動能力」「感性」などを遺伝子情報から検査し、お子さんがどのような性質をもっているか、隠れた才能・能力を発見することができる検査として注目されています。

このうち「感性」項目でこの「COMT」遺伝子について調べることが可能です。

その他にもお子さんの落ち込みやすさがわかるなど、子育て・お子さんへの接し方に役立てることができるヒントが沢山載っていますので、気になるという方はこの検査も検討してみてくださいね。

-子育ての悩み

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.