遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

子育ての悩み

子どものストレス耐性知りたくない?

我が子のストレス耐性知りたくない?

こんにちは!遺伝子ママです

みなさんはお子さんと接する中で「うちの子、落ち込みやすい性格かも…」と感じたことはありますか?

たとえば新しいことを始めたばかりのころや、何かに失敗してしまった時に「もうやめる!」とすぐに投げ出してしまったり、できなかったことを引きずってくよくよしてしまったり…。

または、お父さん・お母さんが落ち込みやすい性格なので、「子どもに遺伝していたらどうしよう…」と思ったことはないでしょうか?

新学期が始まったり新しい環境に変わると、お子さんの中にはストレスを感じてしまう子もいますよね。時には大人が思っているよりも深いストレスを感じてしまい、お腹が痛くなってしまったり学校にいきたくなくなったりする子も少なくないようです。

そんな時、親としてどう接してあげたらいいかがわかれば、お子さんにとってベストな対応ができると思いませんか?

そこで今回は子どものストレス耐性を知るための画期的な方法をご紹介します!

これから新学期を迎えたり、お子さんの性格を心配していた方は参考にしてみてくださいね。

子どものストレス耐性を知ろう!たった一つの画期的な方法

子どものストレス耐性を知ろう!たった一つの画期的な方法

子どものストレス耐性について、毎日お子さんと一緒にすごしているお父さん・お母さんでもはっきりとわかるのは難しいですよね。

そこでおすすめしたいのが「子どもの能力遺伝子検査」の項目の一つ「感性」検査です!

「子どもの能力遺伝子検査」についてはこちら 子ども能力遺伝子検査って何?検査で何がわかる?

この「感性」検査では「記憶力」「注意力」「忘却力」「勇気」「リスク管理」などの他に、お子さんの「ストレス耐性」を検査することができます。

ではどうやってストレス耐性を検査しているかというと、遺伝子のひとつ「5-HTT」を検査し、感情や気分をコントロールしている神経伝達物質の一つである「セロトニン」を調整する領域の違いを見ているんです。

こう聞くとなんだか難しいような気がしますが、お子さんがなにか困難に当たった際に「落ち込みやすい」か「落ち込みにくい」かを確認することができるということ。

もちろんお子さんの性格は遺伝子のタイプだけではなく、毎日の体験や身近な人とのふれあいでかわっていきますが、元々お子さんがどちらのタイプの傾向があるのかをわかっていれば、ちょっとしたお子さんとの接し方も変わってきますよね。

では、お子さんのストレス耐性を知ることでどんなことに役立てることができるのでしょうか?

子どものストレス耐性を知って接し方の参考に!

子どものストレス耐性を知って接し方の参考に!

お子さんのストレス耐性を知ることの一番大きなメリットは「お子さんのしつけ、接し方」の参考にできるというところでしょう。

たとえば、親からみるとびっくりするくらい小さなことで落ち込んでしまうお子さんに対し、「どうしてこの子はこうなんだろう」「もっと前向きになってほしい」と考えてしまいそうになることはありませんか?

そんな時、この検査を受けていれば「この子は落ち込みやすい性格なんだ」ということがあらかじめわかりますよね。お子さんのそんな性質がわかっていれば、「もっと前向きになりなさい」などと言ってしまってお子さんを不用意に傷つけてしまうことも避けられるでしょう。

それに、お子さんの落ち込んでいる気持ちをしっかりと受け止めてあげることができるとお子さんの自己肯定感も高まりますし、お子さんがストレスをうまく発散する方法を一緒に考えてあげることもできるようになります。

お子さんが成長していく中で、ストレスとうまく付き合っていくことはとても大切なことです。ストレスとうまく付き合っていくのは大人でもとても難しいことなので、お子さんが幼いころからその手助けをしてあげることができるといいですよね。

子ども能力遺伝子検査では、「感性」検査だけでもOK!

「子どもの能力遺伝子検査」では、お子さんの遺伝子から「学習能力」「運動能力」「感性」の3つの項目を検査することができます。

実はこの中で一番人気なのは、ストレス耐性をはじめとしたお子さんの性質を知り、しつけや接し方の参考にすることができる「感性」検査なんです!

もちろんセットで検査するのがお得ですが、まずは感性検査だけ受けてみるのもいいかもしれませんね。

-子育ての悩み

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.