遺伝子検査でお子さんの可能性を発見!

おやこライフハック

子育ての悩み

うちの子、わがままかも…?DNA検査で対策はわかる?

うちの子、わがままかも…?遺伝子検査で対策はわかる?

こんにちは!遺伝子ママです。

このサイトでおすすめしている「子どもの能力遺伝子検査」では、お子さんの遺伝子から「学習能力」「運動能力」「感性」の3つの項目を検査し、お子さんの隠れた才能・能力の発見に役立てることができます。

しかし、この項目のひとつである「感性」って何?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「感性」の検査で何がわかるのか、子育てにどう役立てることができるのかについてまとめたいと思います!

感性検査について疑問を持っていた方は参考にしてみてくださいね!

「感性」検査って何?どんな結果がわかるの?

「感性」検査って何?どんな結果がわかるの?

「子どもの能力遺伝子検査」でどんなことがわかるのかは「子ども能力遺伝子検査の費用・種類を徹底解説!」で詳しく説明しました。

感性検査は「記憶力」「注意力」「忘却力」「勇気」「ストレス耐性」「リスク管理」などの項目を検査することで、お子さんの性格やストレス耐性などを知り、お子さんへの接し方のヒントにすることができる検査です。

では「感性」検査はどのような方におすすめの検査なのでしょうか?

①うちの子わがままかも…?お子さんへの接し方に悩んでいる方

①うちの子わがままかも…?お子さんへの接し方に悩んでいる方

お子さんは成長するに従いどんどん自己主張ができるようになっていきますが、その過程のイヤイヤ期など「どうして言うことを聞いてくれないの!」と思ってしまうこともあると思います。

特に、初めて保育園や幼稚園に通いはじめたりお友達と遊ぶようになってくると、自己主張が激しくなったり、逆に引っ込み思案かも?と感じることもあるでしょう。

そんなときついつい他の子と比べてしまったり大きな声で怒ってしまい後悔…なんて覚えがある方もいるかもしれませんね。

もちろん、成長の過程で自己主張ができるようになっていくのは自然なことなので一概にお子さんが「わがまま」だと決めつけることはできません。

そこで「感性」検査では、お子さんの遺伝子を検査してお子さんが「繊細なタイプ」か「自己中心的なタイプ」かを検査することができます。

「自己中心的なタイプ」=わがままなの!?とショックを受けるかもしれませんが、そうではありません。大切なのはお子さんのタイプを知って、どう接していくかということです。

この診断では、「お子さんの性格のタイプはこうなので、普段からこういったことを心がけながら接すると良いですよ」等のアドバイスも載っており、お子さんの性格を知った上でどのように接していけばいいかがわかるようになっています。

「もしかしてうちの子わがままかも…?」と思っても、そこからどう接してあげれば本人にとって良いのかがわかると安心ですよね。

②子どもが悩んでいるときどう接したらいいかわからない方

②子どもが悩んでいるときどう接したらいいかわからない方

お子さんが成長するにしたがって様々なコミュニティに属するようになると、お友達との関係だったり、勉強や運動がうまくできなかったりなど、いくつかのトラブルが発生することもあります。

そんなとき、親としてどうやって子どもと接してあげたらいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこでこの診断ではお子さんが「落ち込みにくいタイプ」か「落ち込みやすいタイプ」かなどのストレス耐性をあらかじめ知ることが可能です。

たとえばお子さんが「落ち込みやすいタイプ」だと知っていた場合、なるべく普段から集団行動を体験させてあげるなど、ストレス耐性を鍛えるためのトレーニングをさせてあげることができますよね。

また、お子さんがストレス耐性が低く一人で考え込んでしまうタイプということがわかっているので、もしものときに手を差し伸べてあげて一緒に解決方法を考えたりすることもできるはずです。

これは子どもの時だけではなく、就職活動などの大事な決断の時期にも役立てるでしょう。

お子さんの接し方に悩んでいる方は「感性」検査がおすすめ!

お子さんの接し方に悩んでいる方は「感性」検査がおすすめ!

「感性」検査では主にお子さんの性格にあったしつけや接し方に悩んでいるお父さん・お母さんにおすすめの検査です。

そして、お父さん・お母さんが自分の性格に自信がない場合、お子さんにも自分の性格が遺伝していたらどうしよう…と不安に感じる方にとっても検査を受けてみることをおすすめしたいと思います。

たとえば、子どもの能力遺伝子検査を受けた方の中には「自分がネガティブだから子どもにも遺伝していたらかわいそう」「自分と同じことで悩んで欲しくないから幼いころからの対策を知りたい」などを考えていた方も少なからずいるとのこと。

たしかに、自分の性格が初めから分かっていれば、なにか困難にぶつかったときにもっといい対策がとれていたかも…と考えることもありますよね。

そういった意味でも、子ども能力遺伝子検査を幼いころに受けてイライラ期や思春期など、人生の大事な時期に備えることは大切かもしれません。

また、お子さんの性格をもっと深く理解したい!という方はお子さんの協調性にフォーカスした「子どもの協調性検査」もありますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

-子育ての悩み

Copyright© おやこライフハック , 2020 All Rights Reserved.